当ブログでは英検準1級の合格を目指す人のために情報を発信しています。

英検準1級 Writing対策① – テスト形式を把握する 

WRITING

英検準1級 Reading対策の第1回は、テスト形式の把握から始めていきましょう。テスト形式を把握することは、テスト準備を始めるにあたり極めて重要なプロセスであり、正しい準備をするにはこのプロセスを丁寧に行う必要があります。

英検準1級の試験レベル

日本英語検定教会の公式ホームページを参照すると、以下の通り準1級のレベルについて記載されています。

公式が発表しているように、英検準1級は英語社会で必要な英語が十分理解することができ、尚且つ使用出来ることが合格の要件になります。

準1級は、最終目標である1級の手前まで着実に力をつけているレベルで、およそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。入試活用や単位認定はもちろん、教員採用試験に優遇されたり、海外留学にも多方面で幅広く適用される資格です。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p1/

準1級に受かるにはどの程度のレベルが必要?

では、具体的にそのレベルとはどんなものなのかを具体的な数値を参考に見ていきましょう。

結論から言ってしまうと、英検準1級のライティングを攻略するには、語彙数、単語の適切な使い方、適切な構成が重要です。

単語数

英検準1級の合格には、一般的には7,500〜9,000語が必要と言われています。

2級の単語数の目安は、約5,000語ですから、最大で2倍程度の単語力が必要になります。これが多くの受験生が「級が一つ上がっただけなのに何故こんなにも難しいのか」と感じる理由です。

因みに、大学受験で必要と言われる単語数もおよそ5,000語ですから、英検2級の語数と同等の語数と言えます。

出題形式と回答時間

問題内容

英検準1級のライティングは、出題内容が非常に明確になっています。

トピックは、時事ネタが盛り込まれることが多いように感じます。特に最近多いのが、環境問題、インターネット関連、プライバシー問題の3つです。もうあるあると言った感じですね。

こちらで過去問が公開されているので、是非チェックしてみてください。

  • 指定のトピックに対してエッセイを書くこと
  • リストにあるキーワードから2つを使って書くこと
  • 文章の構成は、序論・本論・結論の3部構成で書くこと
  • 文章の長さは120〜150語とすること

解答速度

15〜20分以内を目標に解答できるよう練習しましょう

Reading対策①でReadingセクションの時間配分については詳細にまとめていますが、Readingは70分/90分に収まるように対策するのが理想です。

一度、英検準一級の過去問に目を通してみましょう。意外に日本語でも論理的に文章を組み立てるのが難しいことに気づくはずです。

初心者の方にありがちなのですが、書きながら構成を考えるやり方は、時間制限のある試験においては非常に危険な進め方です。

下の時間配分を参考にしてみてください。

ステップやること時間配分
1問題の条件を読み込む30秒
2回答の立場を決める
(どんな意見であれば答え易いか考える)
30秒
3構成と内容を考える5分
4記述開始〜完了10分
5見直し作業2分
18分
理想的な英検準1級ライティングの時間配分
KEI
KEI

回答の立場を変更するのであれば、ステップ3の最初の1分くらいまでに決断しよう。

リーディングでかなり時間が節約出来た場合は別だけれど、ステップ3の序盤以降での回答方針の転換は時間的にもかなり厳しい。

その場合は、方針転換せず、無理やりでもいいから書き切る方に頭を切り替えよう。

最後に

Writingセクションの攻略に必要な力

  • 7500〜9000語に及ぶ単語の知識
  • 文章を構成する思考力
  • 適切な単語を選択する知識と判断力

この記事のサマリー

  • ライティングの時間配分の目安は20分程度
  • 英語で文章を書く訓練は必須

これから対策記事も投稿して行きますので、着実に準備を始めていきましょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました