当ブログでは英検準1級の合格を目指す人のために情報を発信しています。

英検準1級 Listening対策① – テスト形式と難易度を把握する

LISTENING

英検準1級 Reading対策の第1回は、テスト形式の把握から始めていきましょう。テスト形式を把握することは、テスト準備を始めるにあたり極めて重要なプロセスであり、正しい準備をするにはこのプロセスを丁寧に行う必要があります。

英検準1級の試験レベル

日本英語検定教会の公式ホームページを参照すると、以下の通り準1級のレベルについて記載されています。

公式が発表しているように、英検準1級は英語社会で必要な英語が十分理解することができ、尚且つ使用出来ることが合格の要件になります。

準1級は、最終目標である1級の手前まで着実に力をつけているレベルで、およそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。入試活用や単位認定はもちろん、教員採用試験に優遇されたり、海外留学にも多方面で幅広く適用される資格です。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p1/

準1級に受かるにはどの程度のレベルが必要?

では、具体的にそのレベルとはどんなものなのかを具体的な数値を参考に見ていきましょう。

結論から言ってしまうと、準1級のリスニングを攻略するには、聞き取れる速度知っている単語の数に加えて読む速さが重要です。

SUKO
SUKO

え?何でリスニングなのに読む速さが必要なの?

KEI
KEI

英検の公式HPが過去問を公開しているけれど、リスニングは設問が問題用紙に書かれているんだ。

サッと目を通して事前にアタリをつけておくことで余裕を持って回答することが出来るから、リスニング対策だけどリーディング力も大事なんだよ。

単語数

英検準1級の合格には、一般的には7,500〜9,000語が必要と言われています。

2級の単語数の目安は、約5,000語ですから、最大で2倍程度の単語力が必要になります。これが多くの受験生が「級が一つ上がっただけなのに何故こんなにも難しいのか」と感じる理由です。

因みに、大学受験で必要と言われる単語数もおよそ5,000語ですから、英検2級の語数と同等の語数と言えます。

リスニング速度

Reading対策①で解説した読解スピードを表す指標として紹介したWPM=Words per minute(1分あたりの単語数)は聞き取り能力を示す際も使用されます。

英検準1級のリスニング問題では、ネイティブスピーカーの日常会話が自然なスピードで話されます。正確に問いに答えるには、150WPM程度で無理なく会話内容を理解出来るリスニング力が必要です。

因みに、こちらの記事でも紹介されていますが、ネイティブスピーカーの話す平均的な速度は、およそ110〜170WPM。裏を返せば、英検準1級のリスニングが出来れば、かなり実践に近い速度で話される英語が聞き取れるということになります。

一方で、日本人英語学習者の平均的なリスニングのWPMは100WPM弱と言われていますので、平均レベルでは聞き取り速度が足りません。

一度、英検準一級の過去問を流して聞いてみて、どれほど聞き取れるのか自分の実力を把握することをお勧めします。

KEI
KEI

厳し目の評価で何割ほど理解出来ましたか?

もし満足いく結果でなかったとしてもガッカリしないでください。

当ブログでは、これから対策の紹介をして行きますので、是非参考にしてください!

読解速度

読解スピードを表す指標にWords per minute(1分あたりの単語数)と言われる指標があります。

英検準1級の大問3では各問題の単語数は500〜700語程度なので、読解時間を大問1つあたり5分確保するとした場合は、最低140WPMが必要です。出来るなら200WPMは欲しいところです。

日本人大学生の平均的な数値が100WPM程度と言われていますので、読解速度も大学受験レベルの速読では太刀打ち出来ません。因みにネイティブスピーカーの平均的は約300WPMです。

一度、現在の力で過去問の大問3を読み終えるのにどのくらい時間がかかるかは把握しておくと良いでしょう。

KEI
KEI

ただ早く読んで中身が頭に入らないようでは正確な数値が分かりません。

実際の自分の実力を知るのは、これから準備を始めるにあたりとても重要なことですので、目を逸らさず自分の力と向き合いましょう

英検準1級の出題形式と問題数

出題形式と問題数は以下の通りです。

Part出題形式大問数小問数
1Dialogues12問
2Passages6問各2問
3Real-Life5問3問

Part 1:Dialogues

短めの音声を聞いて、設問に答えます。リスニングテストではありますが、設問に目を通して理解する読解能力も攻略に必要不可欠なスキルです。

Part 2:Passages

Dialoguesよりも音声が長くなります。攻略の基本はDialoguesと変わりありませんが、会話の内容をストーリー立てて理解出来ないと回答が出来ないように設計されており、訓練が必要です。

Part 3:Real-Life

Passageと長さは同じですが、2人の会話を聞いて答える問題です。攻略の基本はDialoguesとPassageと同様にリスニング力と読む力の両方が問われます。

俯瞰して両者の会話の立ち位置を理解する力が問われます。

イギリス英語vsアメリカ英語は意識すべきか

リスニング問題を攻略する上で、よく質問されるのがこの質問です。

結論から言うとそれぞれの特徴は知っていて損はないが、ほぼ回答に影響はないというのが結論となります。

海外で実際に生活する上では、アクセントや言い回しが各国で大きく異なるため、アクセントや言い回しを理解することは大変重要ですが、英検の試験に限った話をするとそうではありません。ご安心ください。

KEI
KEI

因みに、イギリスは隣街に行くだけでアクセントが変わることがあるよ。

SUKO
SUKO

地域毎にそんなに違うの?

KEI
KEI

うん、少し大袈裟だけどまるで違う言語に聞こえることもあるよ。

興味があったら調べてみると更に英語の勉強が楽しくなるかも。

因みに、僕にはBrummie(バーミンガムの訛り)は鬼門だったなぁ…

最後に

Listeningセクションの攻略に必要な力

  • 7500〜9000語に及ぶ単語の知識
  • 150WPM程度(最低でも140WPMは必要)の速度で話される内容を聞き取れるリスニング力
  • 200WPM程度の読解速度

この記事のサマリー

  • Listeningセクションは3部で構成される
    • Dialogues
    • Passages
    • Real-Life
  • 大学入試レベルのリスニング力では充分でない
  • 単語力と聞き取り速度の双方の向上が必要不可欠
  • リスニング問題だが、リーディングスキル(読解速度)も重要

これから対策記事も投稿して行きますので、着実に準備を始めていきましょう。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました